柴犬

2016年4月13日 (水)

柴>ももたろう 仔犬時代

かけがえのない仔犬時代を形に残せるのが、羊毛人形の良さということで、
成犬と仔犬の両方のオーダーを頂きました。

尻尾のほそぉ~いワンコの写真に目を細めながら
制作しました

Img_2388_600x800Img_2386ss
Img_2397_600x800Img_2387_600x800

Img_2398_600x800_2Dsc_0159

















| | コメント (0)

柴>ももたろう 成犬

柴犬は、仔犬の頃と成犬とでは印象が違う犬種のひとつです。

今回は、二つの時代のお写真を頂き制作しました。

愛されキャラと一目でわかるお写真の数々。

ももたろうくん 安らかに

Img_2382sImg_2381_600x800_2

Img_2385_600x800Img_2398_600x800

Dsc_0155













| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

柴犬>ボス

笑顔がかわいい黒柴のオーダーが来ました。

「ボス」という名前なのに、飼い主さん命の甘えっこちゃんなのだそうです。

目のまわりがメジロみたいに白かったので、かわいい表情が出しやすかったです。

004s007s

005s101129_064901_2  

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

柴犬

短毛種が苦手なので、自主練として作ってみました。

りりしさの中にも、独特のかわいらしさを表現しなくてはならないので、日本犬はやはり難しいなぁ と実感しました。

ボディーの色づけは、赤茶と、たまねぎで染めたキツネ色の羊毛を混ぜて使いました

(2009.1 87)

093087

094092

089090

| | コメント (0)

2008年10月27日 (月)

柴犬>太郎

16歳目前になくなってしまった太郎君のメモリアルドッグのオーダーを頂きました。

ミニチュアサイズで、日本犬らしい ‘凛’ とした雰囲気を出すのはとても難しく、また、柴犬独特の「アーモンド型の目」が、黒柴なため表現できず、かなりの時間が掛かりました。

通常は黒い毛の犬の場合白目をちょっと入れるのですが、そうするとちょっと甘えた表情になってしまい柴犬のムードから離れてしまうため、今回は赤茶をさしてみました。
これが当たりで、顔に良い表情を出すことができ、ほっとしました。

太郎君、どうか安らかに。

(2008.10 79)

ボディー:ロムニー、メリノ
目:オニキスビーズ
アクセサリー:赤のレザーの首輪

Dsc00185Dsc00191

Dsc00188Dsc00190








Dsc00189Photo




   

| | コメント (0)

2007年11月 7日 (水)

柴犬

和犬も作ってみたくなり、自主練した作品。

一度作ってみた種類のワンコは、お散歩で見かけても、耳やしっぽの付き方がすごく気になって、目で追ってしまうようになります。

和犬独特のアーモンド型の目は、オニキスビーズのまわりを黒で刺して表現してあります。

かわいい中にりりさも出すのが、やはりとても難しいです。

ボディー:ロムニー、メリノ
目:オニキスビーズ

002ss_2004as                      

003as376s 

| | コメント (0)